2013年03月10日

今年の論文試験対策(ヤマ)

いまさらですが、平成25年度弁理士試験の受験願書請求期間中ですね。

これをうっかりしてると不戦敗なので、忘れないようにしたいところです(と言いつつまだやってない)。

試験対策としてやっておきたいことは人それぞれだと思いますが、個人的に抑えておきたい今年のポイントを絞ってみました(要するにヤマを張っただけ)。

特許・実用新案法
プロダクト・バイ・クレームについて(プロダクト・バイ・クレーム事件
特許法74条について(冒認出願等に係る救済措置の整備

商標法
商標法4条1項6号及び8号の「著名」について(国際自由学園事件ダイワ事件

意匠法
意匠の類否判断について(プーリー事件人工歯事件

もちろんこれだけで十分なわけありませんが、判決文の表現を覚えておいて論文にマイナスってことはありません。

また、試験問題に直接は使われないような最新判例であっても、過去の重要な論点を引用して検討していたりしますし、そもそも時代の流れに沿った争点に対する優れた論文(判決文)なので、これを読むことは勉強になると思います。

まあ、合格してから言えって話ですが。


posted by garubon at 09:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。